入社7年目の本音、挑戦し続けることで常にワクワクしてます!

インタビュー

【新卒入社】2015年入社:生活相談員 → 2016年:管理責任者(入社2年目) → 2017年:スーパーバイザー(入社3年目)

入社7年目の本音、挑戦し続けることで常にワクワクしてます!

正木 裕也

【新卒入社】2015年入社:生活相談員 → 2016年:管理責任者(入社2年目) → 2017年:スーパーバイザー(入社3年目)

入社されて7年目になりますが、今までの経験や大変だったことを教えて下さい。

現在は3店舗のスーパーバイザー(以下SV)として勤務しています。その他にも内定者合宿プロジェクトのリーダー、社内研修の講師、新卒採用プロジェクトなどを担当しています。
まず入社して2年目で管理者を任され、3年目の冬にSVに昇格しました。SVになりたての頃は自分が担当している店舗を見ることで精一杯で目先の課題を解決することに必死でした。しかし、現在は自分が担当する店舗だけでなく会社全体の数字や人の動きを管理し、先を見て計画を立てることができるようになりました。
マネジメントを行うときに気を付けていることは発言に一貫性を持つこと、行動をして魅せるということです。初めは経験豊富な管理者に対して遠慮していたところもあり、そこが弱点であることも当時の上司から指摘がありました。改善するために、まずは自分が行動して結果を出して発言に根拠を持たせ、その上でアドバイスを行うことで管理者にも納得し行動に移してもらい数字として結果を出すことができました。

 

社内で幅広く活躍されていますが、具体的にどんなことに取り組まれているのですか?

自分自身の仕事の軸として人材育成に携わりたいということがありました。その中で入社してからずっと新卒採用のイベントや学生向けの座談会などに積極的に参加をしてきました。管理者やSVを経験することでより人材育成の大切さを学び、深く携わりたいと思っていた時に今まで社長しか担当してこなかった内定者合宿のプロジェクトリーダーを社長から直接やってみないかとお声掛けをいただきメンバー集めから合宿のメイン講師まで最終責任者として担当しました。それ以降社内の研修の講師も複数担当し自分の仕事の軸としている人材育成に携わることができています。
いきいきらいふでは自分のメイン業務以外にも自分が興味がある分野に挑戦できることが大きな魅力だと思います。例としては、新卒採用担当にあえて責任者以外専任を置かず現場のメンバーが採用プロジェクトに参加することで実際に働く声を伝えることを大切にしています。他の現場のメンバーも将来はマーケティングをやってみたい、研修の講師をやってみたいなど様々な目標をもって働いています。

 

いきいきらいふに興味をもってくださる求職者さんにメッセージをお願いします。

SV業務において以前は上からの指示で動くことが多かったですが、今はまず自分が考えた方法を実践することができ成果を評価してもらえるためとてもやりがいがあり楽しんで仕事ができています。以前は各部門やグループでの各々の活動が多かったですが、現在は社内SNSの活用により会社全体で理念に向かい進めているように感じます。
創業20周年を迎えるにあたりリブランドをする際に新たな経営理念を決める会議に参加させていただきました。今後の目標としては幹部として社内をまとめていけるような人材になりたいと思います。
いきいきらいふでは常に新しい要素を楽しめる方なら毎日ワクワクして働くことができると思います。自分で会社を作っていきたい、そんな野心に溢れる方にピッタリです。逆に受身な方は来ないでください!!