自分の描く未来に一歩ずつ近づいているのを実感できています!

インタビュー

【新卒入社】2018年入社:介護職員→2019年:生活相談員→2020年:管理責任者補佐

自分の描く未来に一歩ずつ近づいているのを実感できています!

田中 葵

【新卒入社】2018年入社:介護職員→2019年:生活相談員→2020年:管理責任者補佐

いきいきらいふに入社して4年目になりますが、成長できたと感じることは何ですか?

スケジュール管理ができるようになったことと、自ら行動できるようになったことが一番の自分の成長だと感じています。入社当初は言われたことをこなすことで精一杯でしたが、これでは成長できないと感じ、店舗にとって何が必要か自ら考えて行動することを心がけました。2年目からは店舗の数字も意識し管理者が提示した1ヶ月のアクションプランに沿って自分でスケジュールを組んで行動していました。現在は数字の仕組みも理解し売上の数字を上げて行くために中長期の具体的なアクションプランを管理者と共に計画し行動しています。スケジュール管理に関しても自分自身のことだけでなく店舗全体でどう動いていくかを計画しパートスタッフへの指示も行いながら管理者が不在でも店舗がまわせるように行動しています。

 

入社時どこでも通用する社会人になりたいという目標を掲げられていましたが、ご自身でどのような取り組みをされていますか?

現在の採用責任者が臨店をしたときに採用に携わりたい人を探しているとお聞きしてここはチャンスだと思い手を挙げました。現在は学生さんにスカウトメールを送ったり、座談会や説明会を担当しています。入社当初から採用や育成をやってみたいとずっと発言してきて自分で説明会を担当できるようになり、やりたいことに挑戦させて頂けています。以前はなんとなく採用を手伝っている感覚でしたが、現在はプロジェクトとして採用活動に参加しているため学ぶことも多いです。

 

どのようなことにやりがいを感じますか?

現場での業務では、お客様の声から新しい取り組みに沢山挑戦出来ていることにやりがいを感じます。最近ではハーバリウムの講座を行ったりウーバーイーツを取り入れたりお客様のこういうサービスがあったら嬉しいという声を大切にしながら仕事に取り組んでいます。入社当初の頃よりはお客様の声をサービスに取り入れるスピードやツールが格段に上がっていると感じます。
現場の業務を行いながら採用に携わることで自信を持って自分自身の経験を学生さんに伝えることができています。そのため学生さんから“介護のイメージが変わりました”“田中さんの言葉を聞いて私も成長したいと思いました”などの言葉をいただけると採用担当としての責任感が増すとともにやりがいも感じます。

 

どんなキャリアアップを目指していますか?

まず直近の目標として社内で管理者向けの研修の講師を担当したいと考えています。大きな目標としては新卒採用と育成の責任者を目指しています。現在は、まだ他者に教えたり伝えたりする技量が足りていないため社内や社外での研修を積極的に受けて、もっと強化して自分自身がどこでも通用するビジネスマンになりたいと思います。

 

いきいきらいふに興味があるかたにメッセージをお願いします。

とにかく就職活動を楽しんでもらいたいです。新しい環境や状況下だからこそどんどん自分の声をあげて欲しいと思います。こんな社員さんと話してみたいなどオンラインだからこそ可能になる事も多いと思います。
また、就職活動の時には”自問自答を3回繰り返す”ということを必ず行っていました。この自問自答は自分が出した答えになぜ?という言葉をつけて、どうしてその答えを導き出したのかを納得するまで行います。根本的に自分が納得しているということは”~したいから、~するため”という自発的な理由になります。私は今”どこに行っても通用する社会人になりたいから”いきいきらいふで日々学び吸収しお客様にサービスを提供しています。就職活動をしているとどうしても条件を見てしまいがちになると思いますが、もし活動中に不安になったらこの自問自答をしてみてください。